2007年09月30日

生駒市学校給食検討委員会

平成19年8月16日に開催された生駒市学校給食検討委員会第5回会議の資料及び会議録が公開されました。

クリックしてください → 生駒市学校給食検討委員会のページ
posted by okera at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイキング給食満喫/西郷村・熊倉小

西郷村の熊倉小で26日、バイキング給食が開かれ、6年生が栄養のバランスを考えながら好きな食べ物を選んで食べた。

子どもたちに食育の重要性を考えてもらおうと企画した。
福島放送 2007年09月29日
posted by okera at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“弁当の日”通じ心の空腹満たす 鹿児島で「食卓シンポ」

子どもたちが弁当作りに取り組む“弁当の日”をテーマにした「食卓の向こう側シンポジウムin鹿児島」(が29日、鹿児島市民文化ホールで開かれた。
西日本新聞 → こちら本
posted by okera at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給食用中国産野菜の農薬検査

広島市教委が市内の小中学校の給食の運営を委託している財団法人の市学校給食会は、調達する食材のうち中国産野菜を対象にした残留農薬の自主検査をスタートした。
中国新聞 → こちら本
posted by okera at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給食でかば焼き堪能 大船渡北小

今月三十日の「サンマの日」にちなみ、大船渡市内小中学校の学校給食にサンマメニューを盛り込んだ「サンマの日」学校給食が二十五日からスタートした。トップは大船渡町の大船渡北小学校。甘竹勝郎市長や金野大登教育長らを招いて会食。香ばしいにおい漂うサンマのかば焼きを堪能し「おいしいね」との声が飛び交っていた。
東海新報 → こちら本
posted by okera at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単あさごはん最優秀賞決まる 宮城県がコンテスト

宮城県内産の食材を使い、短時間で簡単に作れる朝食のレシピを競う「あさごはんコンテスト」の2次審査会が29日、仙台市青葉区の明成高で行われた。県民運動として食育を進める県が、朝食への理解を深めてもらおうと開催した。
河北新報 → こちら本
posted by okera at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

竹田市など 食育ツーリズムで雇用創出へ 国の推進事業に採択

竹田市は、観光産業と地域の食品開発を合わせた食育ツーリズムで雇用創出を目指す計画が、厚生労働省の本年度「地域雇用創造推進事業」に採択されたと発表した。
西日本新聞 → こちら本
posted by okera at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6ヵ月の取引停止 仙台市、精肉石川屋を処分

仙台市は27日、市内の小中学校の給食用に賞味期限のすぎた肉の加工品を納入するなどした食肉処理・卸売業「精肉石川屋」を、6カ月間の指名停止処分にした。
河北新報 2007年09月28日
posted by okera at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給食試食会で楽しく交流 嶺北養護学校中学部と坂井農高生

嶺北養護学校中学部は二十七日、坂井農業高校の生徒五人を招待し、給食の試食会を開いた。

献立は、同養護学校中学部の生徒十二人が二十六日に坂井農業高の農場を見学した際に分けてもらった卵百個を使ったスープと豊水ナシのほか、県産豚を使用したソースかつ、県産コシヒカリが並んだ。
中日新聞 → こちら本
posted by okera at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月4日は「シラス・チリメンの日」/鹿県漁業者協

鹿児島県内のシラス・チリメンジャコ漁業者でつくる県機船船曳網(きせんふなびきあみ)漁業者協議会は、今年から10月4日を「シラス・チリメンの日」と定め、9月末から10月初めにかけ県産シラス・チリメンをPRする。学校給食への無償提供や即売会などを実施する。
南日本新聞 → こちら本
posted by okera at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地元食材の給食活用で検討委設置へ=文科省

文部科学省は、民間団体に委託して地元の食材を給食に活用する供給体制の整備に乗り出す方針を決めた。都道府県単位で学校関係者や生産者が検討委員会を設置し、年間を通して安定的・計画的な供給を目指す。保存や加工といった食品開発にも着手し、食材数ベースでの使用割合を増やしたい考え。
時事通信 → こちら本
posted by okera at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童が稲刈り体験 豊郷町・日栄小 給食楽しみに

滋賀県豊郷町の日栄小で28日、稲刈りがあり、3年から5年の児童70人が地元のボランティアに教わりながら、かまを手に力いっぱい刈った。
京都新聞 → こちら本
posted by okera at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

小学生がサンマの干物づくり

県立海洋高の出前授業が26日、糸魚川市の同高で行われた。出前授業は通常、同高が相手先に出向いて開かれるが、この日は実習が中心。同市の浦本小学校3、4年生15人が、総合学習としてサンマの干物作りに挑戦した。
新潟日報 → こちら本
posted by okera at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

豊田市東部給食C改築はPFIの導入の方針

豊田市は、老朽化が進む「東部給食センター」の改築に向けて、PFI方針を導入する運び。現在、事業者選定に備え審査基準資料の作成などを進めている段階だ。
建通新聞 → こちら本
posted by okera at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十五夜の風習「オカラコ」を給食で

十五夜の25日、宮田村宮田中学校は上伊那地方に伝わる十五夜の風習「オカラコ」の汁物を給食に。生徒たちは郷土の伝統に舌鼓を打った。

「オカラコ」は季節の根野菜や米をつぶした丸餅を供える風習。十五夜の翌日にみそ汁に入れて食べるのが昔からの習わしだ。
伊那毎日新聞 → こちら本
posted by okera at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。