2007年11月30日

給食に県産豚肉のトンカツ

11月29日はゴロ合わせで「いい肉の日」です。別府市の小学校では給食に県産の豚肉を使ったトンカツが登場し、子どもたちがおいしそうに味わっていました。

別府市と竹田市の小中学校47校で給食に県産の豚肉が登場したということです。
テレビ大分 → こちらTV
posted by okera at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリーブの知識や調理方法学ぶ−四海小で講座

香川県小豆郡土庄町伊喜末の四海小学校(佐々木育夫校長)で26日、「元気になるオリーブ講座」が開かれ、5年生21人が小豆島のシンボルで特産品のオリーブの特性や調理方法などについて学んだ。
四国新聞 → こちら本
posted by okera at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栄養たっぷり、保育園ランチ味わう 木津川 未就園児と保護者ら

京都府木津川市梅美台の梅美台保育園と併設の木津東部子育て支援センターは29日、市民対象の「ランチ・サンプリング・パーティー」を開き、未就園児とその親ら約50人が保育園の給食を味わった。
京都新聞 → こちら本
posted by okera at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

こんにゃく固まるかな… 泰阜の小5、郷土に理解

下伊那郡泰阜村の泰阜北小学校5年生9人が28日、校内で育てたコンニャクイモでこんにゃくを作った。
信濃毎日新聞 → こちら本
posted by okera at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全児童が作ったおにぎり味わう 日田市の高瀬小

日田市の高瀬小で20日、全校児童231人が自分たちで作ったおにぎりを持ち寄る「おにぎりの日」があった。子どもたちは熱々のご飯を使って三角、丸、俵形などに握ったおにぎりをほお張りながら、食事作りの苦労やありがたみもかみしめていた。
西日本新聞 → こちら本
posted by okera at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間断水の決定を受け 給食内容見直しへ

来月15日から時間断水が実施される佐世保市の市教育委員会は、給食を実施している市立小中学校の給食内容の見直しを検討している。断水が始まる12月後半から、調理に多くの水を使う献立を減らす方針。来年からは洗浄水の節約のため食器を使い捨ての紙皿などに変える方向で調整している。
西日本新聞 → こちら本
posted by okera at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ども料理教室「食育」人気

日本米穀小売商業組合連合会(日米連)が認定する「お米マイスター」の出前授業「お届け!ごはんパワー教室」が広島市安芸区の矢野西小であった。
中国新聞 → こちら本
posted by okera at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芋団子など郷土食調理 守山 教員や市民、研修講座

郷土食を通じて地域の歴史や文化に理解を深めてもらおうと、滋賀県守山市の伝統食を学ぶ研修講座が27日、守山北中であった。参加した中学校教員や市民ら21人が、アメノイオ御飯や芋団子などの調理方法を学んだ。
京都新聞 → こちら本
posted by okera at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育てた京野菜、シチューに 下京・六条院小 児童ら調理

JR京都駅に近い街中の六条院小(京都市下京区)で28日、児童が収穫した京野菜をシチューに調理して味わった。子どもたちは、自ら土に触れて世話した無農薬の野菜料理に「ひと味違う」と大喜びだった。
京都新聞 → こちら本
posted by okera at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食の安全とバランスをテーマに消費者の集い開催へ/二宮

「食の安全と食のバランス」をテーマにした「消費者のつどい」が十二月一日、二宮町二宮の生涯学習センター「ラディアン」で開かれる。
神奈川新聞 → こちら本
posted by okera at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食育で学校・地域に一体感…東京・三鷹の南浦小

東京都三鷹市立南浦小学校は、親子が一緒に登校して朝ごはんを食べる「朝ごはん集会」など、「食」を通じたユニークな試みを通じて、地域との交流を深めている。
読売新聞 → こちら本
posted by okera at 09:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「「食育」の課題」

学校給食の主な目的が、これまでの「栄養改善」から栄養バランスなどを学ぶ「食育」に転換されるという。文部科学省は、年明けの通常国会にも学校給食法の改正案を提出する考えを示している。
沖縄タイムス → こちら本
posted by okera at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 論評・論説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大久保小など3校追加 08年度から 宇治市の学校給食調理民間委託

宇治市教委は27日、2008年度からの「第2次学校給食調理民間委託の実施方針」で、新たに大久保小など3校で給食調理を民間委託することを明らかにした。
京都新聞 → こちら本
posted by okera at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米飯給食の拡大を 飼料用米支援も/農水省幹部に生産者意見

農水省は26日、同省幹部が地方を訪れて、食料自給率の向上をめぐって農業生産者らの意見を聞いた結果を発表した。学校給食の活用を含めて米の消費拡大への取り組み強化や、飼料用米の作付け拡大への支援を求める意見などが出された。
日本農業新聞 07-11-27
posted by okera at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“認可外”にも支援拡大を

認可外と公立や認可保育園では1食あたり100円程度の開きがあるという。つまり県の調査では認可保育園が子供1食当たり255円に対し、認可外は156円しかないというのだ。
八重山毎日 → こちら本
posted by okera at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。