2008年01月31日

食育テーマにユニークな学習

呉市内の小学校が食育や環境をテーマにユニークな学習を進めている。朝食摂取100%を目指す吉浦小は、調理が簡単なみそ汁を考案し、保護者や地域と連携した食育を展開。2月2日に同小などである教育研究会で取り組みを披露する。
中国新聞 → こちら本
posted by okera at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食生活と地球温暖化の関係学ぶ 彦根・鳥居本小で講演会

滋賀県彦根市の鳥居本小で30日、全校児童向けの講演会「食と環境学習」が開かれた。約140人が学年ごとに参加し、環境省の職員から、給食の食べ残しと地球温暖化の関係や野菜を食べることの大切さなどを教わった。
京都新聞 → こちら本
posted by okera at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京野菜、五感で賞味 北区・柏野小 料理人に魅力学ぶ

プロの料理人が旬の京野菜の魅力を教える食育授業が30日、京都市北区の柏野小で行われ、子どもたちが聖護院かぶや九条ねぎなどを試食し、素材のうま味を五感で学んだ。
京都新聞 → こちら本
posted by okera at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学への給食導入意識調査 賛否が対照 北九州市教委

北九州市教委は30日、中学校給食の必要性などについて、中学生、保護者、教員(管理職を含む)に尋ねた意識調査結果を明らかにした。教員の70.3%が「必要ない」と答えた半面、保護者の75.5%は「必要」と回答。給食費滞納などを懸念する学校側と、給食による負担軽減などを望む保護者側の対照的な姿が浮き彫りになった。
西日本新聞 → こちら本
posted by okera at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「食道楽」の人 村井弦斎 先人に学べ食への姿勢

和洋中6百種以上の料理が登場する明治期のベストセラー小説『食道楽』。その貴重な草稿の一部が見つかり、県立神奈川近代文学館(横浜市)で開催中の企画展「『食道楽』の人 村井弦斎」で公開されている。
MSN産経 → こちら本
posted by okera at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一田さんに大臣賞−農山漁村男女参画フォトコン

2007年度の「農山漁村男女共同参画いきいきフォトコンクール」(農林水産省主催)で、香川県小豆郡土庄町と同町の四海漁協女性部長一田初美さん(65)が最優秀にあたる農林水産大臣賞を受賞した。

受賞したのは「おさかな大好き!男女(みんな)でつくる水産食育」をテーマにした3作品。
四国新聞 → こちら本
posted by okera at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国食育の歴史<1> ナムル

ナムルは、食用になる植物、草木の新芽や葉類、またこれらの材料を用いて調理したものの総称になる。
民団新聞 → こちら本
posted by okera at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成20年度食育標語を募集 −内閣府

内閣府は「食育」を家庭、学校、地域などで国民的な広がりを持つ運動にするため、食育の大切さなどについて簡単でわかりやすい標語を全国の児童・生徒から募集している。応募資格は小中学校、高校、中等教育学校、特別支援学校在籍の人は誰でも。
農業協同組合新聞 → こちら本
posted by okera at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校給食でも注意喚起=被害報告なし−中国ギョーザ問題で文科省

千葉県や兵庫県で中国製冷凍ギョーザを食べた人が中毒症状を起こした問題で、文部科学省は30日、各都道府県や教育委員会などに対し、学校給食の安全確保を徹底するよう求める文書を出した。
時事通信 → こちら本
posted by okera at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天竜学校給食C実施設計をアーキプランへ

浜松市教育委員会学校施設課は、天竜学校給食センターの建設を計画、建設工事に伴う実施設計をアーキプラン一級建築士事務所(浜松市中区)に委託した。
建通新聞 → こちら本
posted by okera at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加賀野菜を使った小・中学生考案の献立が給食に−食育の一環で

金沢市教育委員会が食育の一環として、小学5・6年生・中学生を対象に地場産物を取り入れた献立を募集し、冬の部の最優秀賞に選ばれた献立が今月25日、学校給食に登場した。
金沢経済新聞 → こちら本
posted by okera at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給食に加積リンゴコロッケ

魚津市の特産品を使ったデザート感覚のちょっと変わったコロッケが30日地元の小学校の給食に登場しました。

なんと魚津市の特産の加積リンゴを具材に使ったコロッケなんです。
KNB北日本放送 → こちら本
posted by okera at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食育は学校給食から 岡山で研究協議大会

学校給食週間(30日まで)に合わせ、第51回岡山県学校給食研究協議大会(県教委、県学校給食会主催)が29日、岡山市古京町1丁目の岡山衛生会館三木記念ホールで開かれた。
県内の教職員や給食調理場職員ら約400人が参加。
岡山日日 → こちら本
posted by okera at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育てた野菜給食で味わう−笠田高生が児童と交流

香川県三豊市豊中町の笠田高校の生徒が30日、近くの比地大小学校を訪れ、自分たちが栽培した野菜や果物を使った給食を児童と一緒に味わった。高校生たちは、食べ物に感謝の気持ちを持つよう呼び掛けるとともに、児童との交流を深めた。
四国新聞 → こちら本
posted by okera at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

食育ロゴマークに岩淵君の案 大野市、啓発物に活用

大野市が進めている「越前おおの食育推進計画」のロゴマークが二十九日、大野市役所で発表され、原案を考えた大野高校美術部の岩淵雄高君(17)=二年=に記念品が贈られた。
中日新聞 → こちら本
posted by okera at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のニューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。